エアパス工法を取り入れた家を建てよう|24時間空気がキレイ

美しい街並み

京都には美しい風情ある街並みと、都会的要素の2パターンから新築購入を選べます。景観地区指定の美しい新築や、現代のオーソドックスな新築など、自分のライフスタイルや予算に合わせて購入を検討してみましょう。

希望通りに家を建てるには

大阪でも、市内と郊外では、土地の価格が違ってきます。敷地が狭かったり広かったりしても、注文住宅なら、希望通りの家を建てることができます。注文住宅を建てる際は、耐震、耐火、耐熱工事などをしっかりしましょう。建売住宅と違って、注文住宅なら、工事中もしっかり確認することができるので何かと安心です。

自然の風を生かした住宅

女性

通気によって室温を調節

一般に、住宅において冷暖房の効率を向上させるには高断熱・高気密にするのが良いとされています。気温の変化による影響を極力排除するとともに、室内の温度を逃がさないようにすれば、エネルギーの消費量を節減することができます。しかしその一方で、近年では逆に外気を積極的に住宅内に取り入れることで、室温を快適に保つという工法も注目されています。これをエアパス工法といいます。エアパス工法は、住宅内に空気の流れを作り出すことを目的とした建築手法です。具体的には外壁と内壁の間に風の通り道を設けるとともに、床下と小屋裏に換気口を取りつけます。この換気口は手動で開閉することができるようになっています。そのため、たとえば夏の間はこれを開放しておくと、床下から冷気が取り入れられて壁の中を通過し、熱を奪って小屋裏から排気されます。一方、冬の間は閉鎖しておくことで、太陽光線によって温められた暖気が住宅全体を包み込みます。これによって、夏は自然な涼しさが、冬は自然なあたたかさが得られます。エアパス工法にはもう1つ用途があります。それは、湿気対策です。小屋裏から排出される空気は熱だけでなく湿気も奪っていくので、住宅内における湿度を下げ、結露などを防ぎます。住宅の寿命を伸ばすだけでなく、湿気を好むダニなどの害虫による健康被害を防ぐのにも役立ちます。さらにエアパス工法が優れているのは、電気やガス等による動力を必要とせずに通気を実現する点にあります。つまり省エネルギー性にも優れているのです。

安全性を重視した住宅

南大阪で注文住宅の建設を請け負っている事業者は施主のニーズに上手く対応しています。特に、安全性や健康面に配慮した注文住宅はファミリー世帯にも人気が高く、心地よい生活環境をつくる試みが随所に見て取れます。